国内最大級のハンドメイドマーケットのサービス minne (GMOペパボ株式会社)
ここでは普通のお店には無い、ハンドメイド作家さんによる素敵な作品に出会うことができます。

minneでは自分好みの作品を探して購入する楽しみはモチロンのこと、自分で作った作品を簡単に販売する事もでき、昨今のハンドメイドブーム牽引の一翼を担っている事は間違いありません。

そして現在、minneには多種多様な缶バッジが出品されています。

 

クリエイターとその作品に会える、minne HANDMEDE MARKET

minne HANDMEDE MARKETでは自分が好きな作家さんや、ネットで気になっていた作品に直接出会えます。

また、作品に対する思い・意図を作家さんから直接聞く事ができる貴重な場でもあります。
『この絵にはそんな思いがあったんだ!』『なるほど、こうしてこの作品が誕生したのか!』と驚きの連続です。

 

そんなminne HANDMEDE MARKET【アート】ジャンルには多くの缶バッジが出品されていました。
今回はその一部をご紹介します。

お相撲さんのシュールながらも可愛さに心を揺さぶられる缶バッジ。
組み体操や人文字など、現実ではあり得そうもないお相撲さん達の連結によるアートに口元が緩んでしまいます。
相撲女子でなくとも、なんだか可愛く思えてしまいますね。

◇ クリエイター:[くにとも ゆかり] さん

 

オシャレなコーデに、コーヒーを片手にキメているネコ。
上機嫌な様子もわかります。
『THIRD CAT』といい、コーヒーとビールが大好きなサードウェーブ系のネコなのだとか。スマートな生活に憧れて、朝からコーヒーをたしなむのです。
移動はもっぱら自転車だそうです。『あぁ~。こういう人いるな』と納得と同時に思わず笑みがこぼれます。

この缶バッジはフィルムを使わず紙だけで巻き込んでいる為、そのマットな手触り感も気持ちが良いです。

◇ クリエイター:[北原 健太] さん

 

白クマと昭和テイストなレトロなデザインに目を引き付けられる缶バッジ。
何がでるか分からない缶バッジクジが昭和の雰囲気をうまく演出しています。

このお店では缶バッジをメインに扱われているようで、ミラーや四角のマグネットなど種類も豊富です。
缶バッジ自体がレトロな印象を与えるため、昭和の世界観を表現しやすいのかもしれませんね。

デザインを良く見るとシミや汚れまで表現された徹底ぶり。雰囲気があってカッコイイです。

◇ クリエイター:[白熊屋] さん ( minne – Profile )

 

オリジナルのデザイン・キャラクターをお持ちなら缶バッジを

缶バッジの活用法は、販促品や記念品などのノベルティだけに限ったものではありません。
このように、デザインを楽しむアートとしての缶バッジも沢山あるのです。

今回、会場で見かけた缶バッジは、そのほとんどが【アート】ジャンルのエリアにありました。(次点で服飾系)

これはアート系作家さんが、自身のオリジナルキャラクターやデザインを作品にするのに缶バッジが手ごろで、簡単にできるからだと思います。
缶バッジは身に付ける事ができる為、そのデザイン・作家さんに対しての支持を表明する事もできます。

缶バッジは、私たち購入者に対し、作家さんの思い描く世界やストーリーを伝えれるようなモノであれば、ハンドメイド作品として十分な価値があると思います。

今後もアートの世界の缶バッジに注目していきたいと思います。